• ホーム
  • 水虫と足のにおいは関係ない

水虫と足のにおいは関係ない

水虫と足のにおいは関係あるのか、という問題ですが、結論としてはこの二つに関係は直接的にはありません。その理由は、足の悪臭は汗の臭いであるためです。水虫になってしまった足だから悪臭がするというわけではありません。ただ、悪臭のする足が将来的に水虫になってしまう可能性はあります。ですから、身体や靴からきついにおいを発していた場合には、早めににおいの元を解消する必要があります。

では、どうしてそこが臭くなるのでしょう。もともと足は1日でコップ1杯分ほどの汗をかきます。ただ、本来はそれだけでにおいは発生しません。足の裏にはエクリン腺と呼ばれる汗腺が密集しているのですが、エクリン腺からの汗はほとんどが水分で基本的には無臭といわれています。それにもかかわらず、においを発するのは足にはいろいろな常在菌と呼ばれる雑菌が多く住みついているからです。この雑菌は皮膚、爪の汚れ、皮脂などをエサとして分解します。その際に発生する代表的な分解臭にイソ吉草酸と呼ばれる低級脂肪酸があり、これが足のにおいの元の一つなのです。これは、かなりの刺激臭がします。

一日中同じ靴を履いている人や、たくさん汗をかく人は気を付けなければなりません。足が蒸れて不潔な状態になります。特に夏には、高温多湿の環境を作ってしまいやすいのです。

汗の臭いは、食べものによっても変わってきます。動物性たんぱく質を含む食べものを多く摂りすぎた場合においては、においが臭くなりやすいのです。特に、体臭の原因となる食品で気を付けておくべきものが、揚げ物などの脂っこい食べものです。脂質は体内で酸化しやすいため、加齢臭や体臭を臭くさせる原因にもなりますので注意しましょう。

体臭の元として、ほかに気を付けるものとしては、アルコールの摂りすぎがあげられます。アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されるのですが、これが悪いにおいの原因になりやすいのです。
糖質制限ダイエットをしている人も、そのことで体臭を放つことがあります。ケトン臭を発生させるためであり、においを気にする場合にはダイエット方法を見直すようにしましょう。

におい対策としては、野菜を多めに摂ることで栄養素をたくさん補給できると、皮膚の抵抗力が落ちるということがなくなり、効果的です。朝食に納豆ご飯、味噌汁を摂ることなどでも抵抗力が落ちるのを防ぐことの役にたちます。

水虫と足のにおいは、直接関係はありませんが、じめじめとした環境でこうしたにおいを発すると、抵抗力が落ちたときに白癬菌など細菌に感染しやすくなってしまうことを充分に考慮して、三食しっかりと摂取するように心がけておきましょう。