• ホーム
  • 水虫に内服薬の選択肢、ラミシール錠

水虫に内服薬の選択肢、ラミシール錠

脚にクリームを塗っている女性

ラミシール錠は水虫の薬ですが、ほかの医薬品と違い内服薬です。有効成分は、テルビナフィン塩酸塩と言います。この薬の作用のメカニズムは、テルビナフィン塩酸塩という成分がアリルアミン系抗真菌剤の一つであり、このアリルアミン抗真菌剤が真菌の生存に必要となる細胞膜の合成を阻害することで抗真菌作用を引き起こす医薬品なのです。

内服薬の場合は小腸から吸収され、そこから内臓や血管を通り浸透する、というメカニズムです。ラミシール錠は長く効果が出る薬として、親しまれています。ラミシールの用途ですが、塗り薬では治療が困難と言われる重症化した水虫や、塗り薬だけでは治りにくい爪水虫、角質増殖型の水虫に対して有効といわれています。特に、爪水虫についてはラミシール錠が第一に選択される治療薬であり、治し方として一般的なのです。

飲み方ですが、1回の用量は1/2錠であり、テルビナフィンとして125mgを服用するのが治し方として最適です。水かぬるま湯と一緒に飲みます。飲むタイミングは1日1回、食事の後です。

優れた効果がある反面、医薬品であるため副作用もみられます。とはいっても、重い副作用になることはあまりありません。ラミシール錠の主な副作用は胃部不快感、下痢、腹痛、胃部膨満感、眩暈、頭痛があります。重大な副作用の頻度はほとんどないですが、発熱のほかアナフィラキシー、肝機能障害などの報告例があるため、異常に気付いたら服用を中止して医師のもとで診察を受けるようにしましょう。

入手するのであれば、医師による処方が最も確実ですが、通販でも購入することは可能です。ラミシール錠もニゾラールと同様に海外の医薬品なので、通販で購入する場合は個人輸入代行業者のサイトを利用することが一般的です。自宅で同じように注文できるのがメリットといえます。
通販で購入する場合の注意点は、こちらも薬事法による決まりについては守るようにして、もしもトラブルが起きたら医師のもとで速やかに診察を受けるようにします。気になることがある場合は、医師や薬剤師と相談しましょう。

飲むことができない人もいます。例えば過敏症、血液障害、血小板減少、重篤な肝障害を患っている人は利用できません。授乳中においては、成分が赤ちゃんに悪影響を与える可能性から、できるだけ服用を控えることが重要です。それから、高齢者の場合は禁止ではありませんが、慎重に投与する必要があるでしょう。