• ホーム
  • 水虫予防策で被害を自分だけに留めよう

水虫予防策で被害を自分だけに留めよう

水虫は、家族や人にうつしやすいものです。そのため、世帯の一人でも水虫にかかった場合には、感染症を広げるのを防がなければなりません。

水虫予防策を日頃から徹底的に行う事で、被害の範囲を自分だけに留めて、人にあまり不快感を与えなくても済むことにつながります。まず、家の中はできるだけ綺麗にしておきます。素足で過ごすということがないようにしましょう。掃除はできるだけこまめに行うようにします。掃除をするときには、水回りなどを含めて重点的に行い、ほこりなどが湧きやすいところも解消するようにしましょう。

家にある備品の玄関マットやバスマット、スリッパは、定期的に消毒をしましょう。また、古くなったものは交換したり、予備のものと使い分けたりするようにしましょう。玄関マットやバスマット、スリッパを水虫にかかっている人が素足で踏むと、そこに白癬菌がうつってしまい、感染ルートの原因となりますので、水虫にかかっている人は家族にうつさないために絶対に素足で踏まないようにすることが求められます。家族で何人かが感染している場合には、さらに症状をうつしあわないようにする対策を行います。

さらに、飲食店などの共用施設や、多くの人が行きかう公共の場においては、場合によっては靴を脱ぎ履きすることもあります。しかし、そうした公共の場においても白癬菌が付着していることがあります。素足で行くのは良くありませんが、靴下を履いている場合でも安心はできません。
ただ、もしも足に水虫菌が付着したとしても、24時間以内に洗い流せば感染しませんので、共用施設や公共の場に出かける習慣がある場合には、帰ってきたらこまめに洗い流す習慣をつけておき、うつさないようにしましょう。ただし、足に傷を持っている場合は早まる可能性もあるためこの点も注意します。

このほかにも水虫予防策はあります。入浴時においては、必ず石けんで指の間まで洗いましょう。ただ、強く洗うことは禁物であり、石けんでなでるように洗うのがポイントです。通気性の良い靴や靴下を履くことも予防のポイントとなります。職場によっても違いますが、状況が許されるのであれば、オフィスではスリッパに履き替えておくことも有効な策です。履いた靴は、風通しの良い場所で陰干ししておいて、乾かしてから履くと水虫にかかりにくくなります。靴の中へは、アルコール除菌スプレーを吹きかけておくのも有効です。雑菌の繁殖が抑えられることによって、におい対策にもなります。